• 時刻表
  • 航空貨物
  • お問合せ
  • HOME
  • オンライン予約
  • キャンペーン情報
  • フライト情報
  • トラベル情報
  • 機内サービス
  • マイレージサービス
イベントカレンダー

マカオイベントカレンダー

中国の伝統的な行事である旧正月や土地誕から、日本でもおなじみのイースターやクリスマスまで。東洋と西洋が出会う街にふさわしく、マカオには東西それぞれの文化に根ざした独自の祝祭文化が花開いています。さらにマカオのさまざまな施設でも、年間を通じて多彩なショーやエンターテイメントが開催されています。きっと、いつ訪れても楽しみは盛りだくさん! お出かけ前にイベントカレンダーをチェックして、旬のイベントを心ゆくまでご満喫ください。

中国旧正月(春節)
イベント写真
1月28日~30日

中国で最も重要で華やかな伝統行事。ランタンや花であふれたマカオの街をドラゴンダンスやライオンダンスが練り歩き、中心広場では約10日にわたって新年を祝う盛大なイベントが続きます。また新月の15日目は中国のバレンタインデーのようなイベント、ランタン祭りも行われます。なお商店や会社、工場などは休業となるためこの時期にマカオに行く方は注意が必要です。

土地誕
イベント写真
2月27日

大地の神である土地神を祀った寺院で行われるお祭りです。

パッソス聖体行列
イベント写真
3月3日~4日

聖オーガスティン教会からカテドラル(大堂)まで市内の各所を巡りながら、十字架を背負ったキリスト像を掲げて巡行するマカオ独特の宗教祭事です。

北帝生誕祭
イベント写真
3月30日

北帝の生誕を祝い、タイパ島の北帝廟に芝居小屋(仮設)が設けられて京劇(チャイニーズ・オペラ)などのイベントが開催されます。

清明節
イベント写真
4月4日

冬至後106日目の晩に行われる家族の祭り。親戚一同が墓参りをし、さまざまな品や料理を手向けて故人を偲びます。

イースター・ホリディ
イベント写真
4月14日~16日

日本でもおなじみのキリスト教の祭事。ベーカリーや菓子店ではイースターを祝うチョコやポルトガルの「フォラール」(卵のケーキ)などを販売します

天后節
イベント写真
4月19日

「マカオ」の名前の由来とも言われる船乗りの神「阿媽の神(天后とも呼ばれる)に祈りを捧げる祭事。船員やその家族が媽閣廟に祈りを捧げに訪れます。

潅仏祭 / 酔龍祭 / 潭公祭
イベント写真
5月3日

【潅仏祭】マカオ中の仏教寺院で仏像が清められる祝日です。

【酔龍祭】清王朝の康熙帝時代から続くマカオ独特の仏教行事。故事に由来する酔龍踊りが関帝廟で行われ、これ以上飲めないというほど酒を飲む宴会が朝から晩まで続きます。

【潭公祭】潭公の生誕を祝う華やかなお祭り。コロアン・ビレッジの潭公廟の近くでは爆竹が鳴る中でライオンダンスなどの催しが行われます。

インターナショナル・ミュージアム・ディ
イベント写真
5月18日

国際博物館会議(ICOM)が1977年に制定した記念日。この日はマカオでも博物館の入場料が無料になります。

第28回マカオ芸術祭
イベント写真
5月 (日付未定)

毎年初夏のマカオを1カ月にわたって彩る芸術のパノラマ。地元マカオや世界中の国々から来たアーティストが、演劇、ダンス、音楽、サーカス、マルチメディア、ビジュアルアートなど様々なジャンルにわたる魅力的なパフォーマンスを、世界遺産の街のあちこちを舞台に繰り広げます。
http://www.icm.gov.mo/fam/28/en/

ファティマ聖母の行列
イベント写真
5月13日

1917年、ポルトガルのファティマに聖母が出現した奇跡を祝って、聖ドミニコ教会からペンニャ教会までマリア像を掲げた行列が巡行します。

ドラゴンボート・フェスティバル
イベント写真
5月30日

銅鑼や太鼓の音も賑やかに、毎年太陰暦の5月5日に行われてきた伝統的なお祭り。現在は南灣湖岸で行われるマカオ国際ドラゴンボートレースが中心で、マカオの国際スポーツで最も人気のある屋外イベントのひとつです。

孟蘭節
イベント写真
9月4日

最愛の人をお守りくださいと祈りを捧げる仏事。紙で作った小さな玩具や家具などを線香とともに焚き、先祖の霊と成仏できずにさまよっている霊を供養します。

七姐誕
イベント写真
8月28日

旧暦の7月7日に行われ、日本の七夕に当たる恋人の節句。伝説の織姫と恋人である牛飼いの年に一度の出会いを祝います。I

FIVBバレーボール・ワールド・グランプリ マカオ
イベント写真
7月14日~16日

マカオ・フォーラムは、20年近くにわたって国際バレーボール連盟 (FIVB) ワールド・グランプリのトーナメントを主催。憧れのヒロインたちを間近で見ることができるこの大会は、毎年マカオのファンたちを興奮させています。
http://www.sport.gov.mo/en/sites/fivb_sp

第29回マカオ国際花火コンテスト
イベント写真
9月2日、9日、16日、23日、10月1日

世界最高レベルの花火コンテストとして広く評価され、毎年マカオ・タワー前の南灣湖で開催。今までに、中国、フィリピン、タイ、台湾、日本、韓国、オーストラリア、イギリス、スイス、フランス、ドイツ、ポルトガル、スペインの国々から100以上の国際チームが参加しました。マカオ半島やタイパの見晴らしのいい場所から眺める華麗な花火は、まさにマカオの初秋の風物詩。多くの観光客も1年のこの時期を選んでマカオを訪れます。

中秋節(ムーン・フェスティバル)
イベント写真
10月4日

マカオの家々ではこの日のために特別な月餅を作り、みんなで満月を見ながら華やかなランタンを持って神に祈ります。プライア・グランデ〜南灣湖などの水辺では、水に浮かべたランタンが幻想的。この時期はお土産にも月餅がおすすめです。

第31回マカオ国際音楽祭
イベント写真
10月 (日付未定)

毎年国際的なアーティストが一同にマカオに集まり、オペラ、管弦楽、室内楽、中国の民族音楽、ジャズ、ブロードウェイ・ミュージカルなど様々なプログラムで観客を魅了する大イベント。ドン・ペドロ5世劇場、モンテの砦、聖ドミニコ教会などの世界遺産も音楽祭の舞台として使われます。
http://www.icm.gov.mo/fimm/31/

重陽節
イベント写真
10月28日

先祖の墓参りをし、高い所に登って無病息災を願う中国式の行事です。

マカオ・オープン・ゴルフ・トーナメント
第17回マカオ・フード・フェスティバル
イベント写真
11月10日~26日

マカオ・タワー向かいの西灣湖広場で開催される食の祭典。会場はエキサイティングなライブステージもあるカジュアルな雰囲気で、アジア、ヨーロッパ、中国本土、マカオなど、多彩なジャンルにわたる美味が訪れる人々を魅了します

第64回マカオ・グランプリ
イベント写真
11月16日~19日

マカオの年間行事の中でも最も国際的な名声を誇るイベント。公道を閉鎖してマカオならではの細く、曲がりくねったコースでタイムを競いここでの多くのF3勝者は後にF1に参戦して活躍しており、若手の登竜門と呼ばれています。2015年よりWTCCがFIA GT ワールドカップに2016年よりF3が世界初のFIA GT ワールドカップへと昇格されています。
http://www.macau.grandprix.gov.mo/cgpm/

マカオ国際マラソン
イベント写真
12月3日

毎年12月の第1日曜日に開催される伝統的なレースは1981年に初開催。世界中からランナーが集い、フル、ハーフ、ミニ・マラソン(4.2km)の3種目で競い合う国際マラソンです。12月は平均気温16.5℃と走りやすいベストシーズン。ミニ・マラソンは初心者でも気軽に参加でき、旅行者の方にもおすすめです。
http://www.macaumarathon.com/en/

マカオ・ラテンシティ・パレード
イベント写真
12月(日付未定)

マカオ特別行政区成立を祝うイベントとして記念日当日に開催されるパレード。
世界各地のラテン地域と地元マカオから100名を超えるダンサーがパレードに参加。沿道の市民や観光客を派手なパフォーマンスで楽しませてくれる。パレードは15:30に聖ポール天主堂跡前を出発し、歴史的市街地区を練り歩きながら18:00に塔石広場へ到着する予定。

クリスマス・ホリデイ
イベント写真
12月24日~25日

街全体がクリスマス・イルミネーションとキリスト降誕のシーンで飾られ、エキゾチックなマカオの街がヨーロッパの雰囲気に包まれます。ケーキショップやホテルには伝統的なポルトガルのクリスマスケーキが並び、グルメの方にも見逃せないシーズン。

マカオライトフェスティバル
イベント写真
12月3日~31日

2015年よりスタートしたライトアップイベント
マカオ半島を中心として湖や世界遺産、教会を舞台に3Dプロジェクションマッピングや仕掛けイルミネーションがあり見るだけでなく体験もできて冬の新しい風物詩となりつつあります。

page top
Copyright © 2013 Air Macau All Rights Reserved.